ウォーターサーバーの水の宅配方法の違いについて

ウォーターサーバーの水の宅配方法は、一般的にワンウェイ方式とリターナブル方式のいずれかの方式を採用しています。


ワンウェイ方式は飲み終えたらボトルを破棄する方法です。

BIGLOBEニュースの情報をあなたにご紹介いたします。

リターナブル方式では水を飲むたびにボトルの中に空気が入り込む傾向にありました。


このため、雑菌も一緒に水の中に入ってしまい、衛生面であまり好ましくありませんでした。

一方、ワンウェイ方式では水を飲むたびにボトルが潰れていき最後にはぺしゃんこになります。
このため、ボトルの中に入る空気が大幅に減ったことから水に入る雑菌も少なくなり、ウォーターサーバーはより衛生的になりました。


このためワンウェイ方式を採用している業者は基本的にサーバーのメンテナンスをしません。
また、使い終わったぺちゃんこのボトルはリサイクルゴミとして破棄されるため、空きボトルを置いておくスペースも必要ありません。

さらに毎回新品のボトルの水が届くのでさらに衛生的です。

では逆にリターナブル方式とはどういうものでしょうか。


従来のウォーターサーバーに多いのがこの方式です。

そもそもリターナブルというのはボトルの再利用を意味し、使い終わったボトルを返却する必要があります。



しかしメンテナンスは通常1年に1回行います。
また総合的に見ると価格が安いウォーターサーバーはリターナブル方式を採用しているところが多い傾向にあります。

ウォーターサーバーに関する情報を参考にしてみてはいかがでしょうか。

このため、予算がない場合はリターナブル方式を導入し、衛生面を重視する場合はワンウェイ方式を選択すると良いでしょう。